人工知能で建設産業に新しい価値を提供する

図面分析のクラウド型AIエンジン「aoz cloud(アオズクラウド)」

問い合わせる

今、テクノロジーの世界では大きな変化が起きています。
特に人工知能は単なるブームを超え、様々な分野で実用化が進んでいます。
単純作業や業務の自動化により、人の仕事が奪われると危惧される面もあります。

しかし、人工知能はうまく活用することで既存産業に大きな価値を創造します。
建設産業もその例外ではありません。
むしろ大量のデータを扱う建設業は人工知能との相性が良いとも言えるでしょう。

人手不足により労働環境が悪化する中で人工知能の活用は今後を大きく左右します。
実用化に向け本気で取り組む想いが最初の1歩となります。
私たちはその1歩に応えるべく人工知能を建設産業の力とし、
新しい価値創造できるインフラの開発に挑戦します。

About

「aoz cloud(アオズクラウド)」は2次元図面に記載された情報を読み取り、解釈することの出来る人工知能を搭載したクラウド型のAIエンジンです。2018年の実用化を目指し精度向上のための実証実験(βテスト)を始めています。

Technology

Computer Vision

図面を画像に変換して扱うことで、コンピューターの視点から分析することを可能にします。

Deep Learning

線が複雑に交差する中からオブジェクト認識させるため、イチから構築した深層学習モデルを使います。

Tiling Algorithm

小さな物体も高精度で検出させるために、正方形の細切れ画像を用いる独自アルゴリズムを活用します。

OCR & NLP

文字認識に加え自然言語処理を用いて人間のように状況を解釈することで、有効な情報に変換することが可能です。

Goal

BIM・CIMモデル自動生成

図面からオブジェクトと高さ情報を検出することで、情報付きの3次元モデルを自動的に生成することが可能となります。既存建設物のBIM・CIM化に掛かる莫大なコストを削減し、効率的なストックマネジメントに貢献します。


数量拾い業務支援

面積や体積などを自動算出することが可能となります。CADや積算ソフトからの算出とは異なり、人間と同じよう形状から判断するため余分な作業も発生しません。後工程に割く時間を増やすことで建築の付加価値を向上させます。


帳票類の自動作成

複数の図面をルールに基づき分析することで、配筋検査で使用する野帳など人間が図面を読み取り作成している帳票類の自動作成を可能とします。技術と関係のない業務を大幅に効率化することで、労働環境を改善できます。

Usage

誰もが人工知能の力を使えるよう2つの方法で提供します(※サービス利用開始時)

建築・土木の生産支援クラウド「フォトラクション」と連携してデータ分析からアウトプットまで一気通貫でサービス提供を行います。

アオズクラウドが動いているサーバーに図面をアップロードすることで分析した結果が返ります。既存システムと連携してサービス提供を行います。

Contact

アオズクラウドはパートナー企業として開発段階における実証実験(βテスト)に参加していただける建設業もしくは関連する事業会社様を募集しております。βテストへの参加をご検討いただける企業担当者様は下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。なお、お問い合わせの内容によっては返信致しかねる場合もございますので予めご了承下さい。